取扱業務-交通事故交通事故に関する弁護士相談事例をご紹介します。

交通事故が起きてしまったら

service_pict_07

重大な障害を負ってしまった、大切な人が死亡してしまった

交通事故により重大な障害を負ってしまった、または、大切な人が死亡してしまった。相手方から賠償の提案が来ているがどうしたらいいかわからない。

重大事故や死亡事故の場合、逸失利益(本来であれば働いて得られたはずの収入に対する賠償)や後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の計算方法によりその額は大きく変動します。

当事務所では、交通事故を専門的に取り扱う弁護士が在籍。しっかりとお話を伺い、わかりやすく説明した上、適切な賠償を得られるように力を尽くします。

慰謝料を支払ってもらいたい

慰謝料というのは精神的苦痛に対する賠償です。
交通事故被害に遭えば、どんな方でも精神的苦痛を感じることは当然のことです。
しかし、感じる苦痛は人によって千差万別。人によって異なる精神的苦痛を賠償してもらうといっても、実際にはどう計算されているのでしょうか。

入通院に関する慰謝料は、基本的には入通院の日数を基礎に計算します。
後遺障害については障害の程度によって計算され、死亡の場合には被害者の方の家族内での立場(一家の大黒柱である、など)などによって算出されます。
とはいえ、全ての事案が画一的に、計算機をはじくように決められるわけではありません。個別の事情により慰謝料が増額されることも当然あります。

どちらが悪いかという点(過失割合)に争いがある

自分は青信号で交差点に入ったが、ぶつかってきた相手方も青信号だったと言っている・・・

過失割合(どちらがどの程度悪いかという問題)は受けられる賠償額に大きな影響を与えます。
過失割合が問題となる事案を多数扱ってきた当事務所は、多くの件で、裁判で相手に過失があることを認めさせ、賠償を勝ち取っています。

車を買い替えて欲しい!(物的損害)

追突されて車を壊された。車を買い換えて欲しい・・・
損害賠償の基本は金銭賠償。つまり、お金を受け取るだけが基本で、それ以上のことは原則困難です。

物的損害の場合、実際には、修理費用と壊された車の時価額を比べ、低い方の金額を請求するのが基本となります。
もっとも、車を買い換えた場合における車の登録代行費用は支払ってもらえるのかといった点や、修理したことで下落する車の価値(「格落ち」「評価損」と呼んだりします)は賠償してもらえるのか、といった点など、いろいろな問題があります。
当事務所では、物的損害に関する事案を多数扱ってきました。豊富な経験に基づき、最善の結果が得られるよう動いて参ります。

弁護士費用特約はついていますか?(弁護士の費用について)

弁護士に依頼をしようかな、と考えるにあたって気になるのは弁護士の費用。
そんなときは、まずご自分の加入している自動車保険の特約として、弁護士費用特約がついていないか確かめてみてください。
この特約に入っていれば、弁護士費用の大部分が保険でまかなわれるはずです。
また、この特約に入っていなくても、弁護士費用について当事務所では柔軟な対応をしております。初回相談は無料ですので、まずはお気軽にご相談下さい。

お電話はこちら

047-363-7831受付時間 9:00-17:00(土日祝を除く)

メールはこちら

無料ご相談フォーム

ico_free30

交通事故の弁護士相談事例