取扱業務-労働問題労働問題に関する弁護士相談事例をご紹介します。

労働者の正当な権利を守るために

service_pict_07

職場では、ときとして様々なトラブルに巻き込まれることがあります。

長時間労働を強いられた挙句、残業代が支払われなかったり、不当に解雇されたりなど。また、昨今社会的に問題になっている、セクシャルハラスメント、パワーハラスメントなども誰もが直面しうる問題です。

このようなトラブルに巻き込まれたとき、職場内の上司部下の関係もあり、自分の正当な権利を主張するのはときに困難を伴います。

あきらめず、弁護士に相談しましょう。労働法規にのっとり、あなたの権利を守るお手伝いをします。

労働者の請求に適切に対応するために

上に述べた労働者をめぐる問題は、労働者を雇用する事業者にとっても、表裏の問題です。労働者に対する適切な対応が取れないと、事業者にとっても深刻な問題となるおそれがあります。

そのため、就業規則・労働契約書等の作成や変更の際、事前に弁護士に相談すればトラブルを防ぐことができます。

また、問題を起こした労働者を解雇したり、整理解雇等する場合、トラブルになることが多くみられます。実際に通告等する前に弁護士に相談し、適切な手順を踏むことが肝心です。

そのほか、退職した労働者からの復職請求や、残業代請求など法律的な請求を受けたり、訴訟を提起された場合などにも、早期に弁護士に相談することをお勧めします。法律に基づいた早急で適切な対応により、のちの時間的・経済的負担を軽減できるでしょう。

お電話はこちら

047-363-7831受付時間 9:00-17:00(土日祝を除く)

メールはこちら

無料ご相談フォーム

ico_free30