料金ユーカリ総合法律事務所の弁護士報酬基準をご紹介します。

弁護士報酬基準

弁護士報酬は事件受任時に着手金を、事件終了時に結果に応じて報酬金を受領することになります。概ね下記基準となりますが、個別事情によりご相談させていただきます。(別途消費税がかかります。)

その他ご不明なことがあれば、お申込み時にお問合せ下さい。

法律相談

法律相談では、疑問に思われていることや、どうしたらよいのかと迷っておられることについて法律的な手段等を回答いたします。

訴訟など法的手続をお考えの場合には、それが事案に対して適切かどうか、その手続を弁護士が代理した場合の料金等についてもご説明いたします。

お電話はこちら

047-363-7831受付時間 9:00-17:00(土日祝を除く)

メールはこちら

無料ご相談フォーム

ico_free30

※初回30分以降、および2回めからの相談は30分毎に5,000円の有料となります。

民事事件

経済的利益の額に応じて標準額は以下の表になります。

請求する側

経済的利益の額 着手金 報酬金
~300万円 10万円 20%
300~3,000万円 30万円 15%
3,000万円~3億円 50万円 10%
3億円以上 100万円 7%

請求される側

経済的利益の額 着手金 報酬金
~300万円 8% 16%
300~3,000万円 5%+9万円 10%+18万円
3,000万円~3億円 3%+69万円 6%+138万円
3億円以上 2%+369万円 4%+738万円

※但し、最低金額は10万円となります。

離婚問題

交渉・調停手続

着手金 報酬金
20万円~ 20万円~

経済的な利益がある場合は、下記金額が加算されます。

経済的利益の額
~300万円 16 %
300~3,000万円 10%+18万円
3,000万円~3億円 6%+138万円
3億円以上 4%+738万円

訴訟

着手金 報酬金
30万円~ 30万円~

経済的な利益がある場合は、下記金額が加算されます。

経済的利益の額
~300万円 16 %
300~3,000万円 10%+18万円
3,000万円~3億円 6%+138万円
3億円以上 4%+738万円

相続関係

遺産分割、遺留分減殺請求

経済的利益の額 着手金 報酬金
~300万円 10万円~ 16%
300~3,000万円 20万円~ 10%+18万円
3,000万円~3億円 30万円~ 6%+138万円
3億円以上 40万円~ 4%+738万円

相続放棄

5万円
※2人以上同時に受任する場合は一人につき3万円加算されます。

遺言書作成

10万円~

成年後見制度関連

成年後見申立 20万円~
任意後見契約書作成 10万円~
財産管理契約
(任意後見業務開始まで)
月額1万円~
任意後見業務 月額2万円~

交通事故

着手金 報酬金
0円(着手時の負担なし) 弁護士費用特約に加入している場合の弁護士費用基準の着手金・報酬金の合計額を事件終了後に後払いとなります。

※但し相手方が任意保険に加入している場合の基準となります。

弁護士費用特約に加入している場合

着手金
物損請求 10万円
人身請求 15万円

※訴訟に移行する場合は、上記金額の半額がそれぞれ加算されます。

経済的利益の額 報酬金
~300万円 16%
300~3,000万円 10%+18万円
3,000万円~ 6%+138万円

※但し、最低報酬金は下記のとおり

  • 物損請求(訴外)15万円 (訴訟)20万円
  • 人身請求(訴外)25万円 (訴訟)35万円

債務整理事件

任意整理

着手金 報酬金
2万円×債権者数
※最低金額5万円
債権者1社につき2万円に以下の金額を加算

  • 債権者の主張の元金と和解金額との差額の1割相当額
  • 過払い金の返還を受けた場合、債権者主張の元金の1割相当額+過払い金の2割相当額

自己破産

着手金 報酬金
10社以下 20万円
  • 着手金と同額。
  • 過払い金の返還を受けた場合は、 過払い金の返還を受けた2割相当額を加算する。
11社~15社まで 25万円
16社 30万円
債務金額が1,000万円を超える場合 債権者数にかかわらず40万円

※但し、夫婦共同受任・同一裁判所親子共同受任・同一裁判所の場合は減額事由に該当します。

  • 10社以下、11社~15社まで、16社以上:5万円減額
  • 債務金額が1,000万円を超える場合:10万円を減額

個人再生

着手金 報酬金
  • 住宅資金特別条項を提出しない場合 :30万円
  • 住宅資金特別条項を提出する場合 :40万円
  • 債権者数が15社までで事案簡明な場合 :20万円
  • 債権者数が15社までで事案複雑な場合 :30万円
  • 債権者数が16社~30社の場合 :40万円
  • 債権者数が31社以上の場合 :50万円
  • 債権者数が31社以上で事案複雑な場合 :60万円

刑事事件

着手金 報酬金
20~50万円
  • 不起訴 :20万円~50万円
  • 略式命令 :20万円~50万円
  • 刑の執行猶予 :20万円~50万円
  • 求刑の減刑 :減刑の程度による相当額
  • 無罪:50万円以上

顧問料

月額3万円~